FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

山からのたより その7 ~冬の林内と小さな来訪者たち~

山からのたより  その7
~冬の林内と小さな来訪者たち~
                         池谷キワ子

今年の寒さは格別ですね。
被災地のみなさまはいかばかりかとおもわれます。
養沢の山でも、寒い凍った林内、落葉樹は枯れ木のように葉を落とし、山の魅力が半減しています。
でも、この時期こその輝きもあります。
スギの常緑の衣は、にぶいからし色となり、ヒノキの緑も深い色合いとなります。
シラカシ、アラカシ、ヒサカキ、ツバキ、オチャなど照葉樹という常緑の木々は、葉面がしぶい緑色
に光って、寒さをしのいでいます。
赤銅色の杉木立
赤銅色の杉木立

冬のくもり空にも光るお茶の葉
冬のくもり空にも光るお茶の葉

1月にはいると、わずかに枝にしがみついていた秋の彩りの葉も吹き飛んで、ナンテンなどの実が目
立ってきます。今年は実付きがよく、ヒヨドリのような群なす野鳥が減ったのか、赤い実が自己主張
を強めています。
まだトリに啄ばまれてないナンテン
まだトリに啄ばまれてない“ナンテン”

ツルリンドウとフユイチゴ
“ツルリンドウ”と“フユイチゴ”

小さく可憐な「ヤブコウジ」.
小さく可憐な“ヤブコウジ”

歩き道の脇の「ミヤマシキミ」
歩き道の脇の“ミヤマシキミ”

このあたりは昔から人が住んで、山で育つ食用植物はなんでも植えてきました。
オチャ、ミョウガ、ウド、孟宗竹、ワサビ、ミツバ、セリなどです。
ゼンマイ、ワラビ、コゴミは、自然に生えているもので、そのエリアを枯渇しないよう上手に利用し
てきました。ヤマイモはジネンジョといって格別の味わいです。
細長く地面の奥まで根付いていますから、特別な器具を使って掘るようです。

山案内のコースにワサビ田があります。
沢沿いに棚田を13枚ほど作っている森林ボランティアのN嬢は、もう15年間も千葉の市川から休日
にやってきて世話し続けています。ワサビは豊かな森林から湧き出る養分を含んだ水が、常時流れつづ
けるように、小石づくりで田を設置します。苗を植えて3年ほど経て採集時期を迎えた何枚かの田から、
年末に「そらあけの会」にワサビを採らせてくれるのです。おかげでメンバーは、地酒「喜正」を舟絞
りした絶品酒粕を入手して、お正月用「ワサビ漬け」を作るのが恒例となりました。
ワサビの出来もよい今年、わが家でも辛みのきいたワサビ漬けがたくさん出来ました。
わさび田
ワサビ田

1月19日には中野区立平和の森小学校5年生80名が、「東京・森の学校」(注1)の見学コース
になっている私の家の森林と近くの製材所にやってきました。
5年生の三学期には、社会科で林業を学ぶカリキュラムとなっていますが、山まで見に来てくれる学校
はほとんどありません。わたしたち「東京・森の学校」では、ボランティア「そらあけの会」や田中製材所長
さんの助力を得て、この案内役を引きうけました。
24年生ヒノキが、彼の手によって、受け口と追い口を入られて、ツルを残した方法でメリメリとゆっくり
倒れると、こどもたちから大きな拍手が起こりました。そして「山はきもちがいい!」と目を輝かせて帰っ
ていきました。製材所でも製材機の「おびのこ」でみるまに丸太が四角く切られていくと、ワアッと歓声が
あがりました。
なんといってもじかに森林に触れることが、森林のほんとの理解につながるのだとおもうのです。

これからヒノキが下方に倒れます
これからヒノキが下方に倒れます


製材機で丸太が四角になる
製材機で丸太が四角になる

5年生といえば、かなり視野が広がり、気持ちも安定した「子供時代の大人の時期」です。
森林を取り巻く多くの問題も知れば、体験ととともに一生忘れないことでしょう。山での歩みもしっかり
して私も追いつけないほどでした。感想や質問が届くのが待たれることです。

(注1) 4年前の発足。都市の人に、森林に親しみ、林業を知り、もっと東京の木を使ってもらおう
と、山を案内したり町で講座を開いたりしているグループ。建築家、森林インストラクター、製材業者、
林業家がメンバーとなっている。
  1. 2012/01/24(火) 18:54:00|
  2. 山からの便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山からの便り その6 木が育ちあがるまで

山からのたより その6                池谷キワ子

山からの便り 秋の号をお届します。

夏と冬の日々は同じような日々が続きますが、秋と春の日々はすべての気象状態が揺れ動き、気温が
一日として同じところにとどまっていません。行きつ戻りつ気温は上下し、来るべき厳しい季節の
「ならし」をしているようです。山は天気の変わり具合がはげしく雨も多いです。
そして時折、桃源郷にいるかのような抜群の一日が訪れます。
そんな日は、神様が天上からおりてきて戯れているとき。あらゆる自然のものが、嬉しくてたまらず
笑っているかのごとくで、「秋日和」満喫となります。
昨年の秋風景
秋の風景

今までの便りでは、「材木の値段が下落した」と繰り返し書いてしまっていて、読み苦しく、たいへん
失礼しました。そこで今回は木が育ちあがるまでの仕事をご紹介しましょう。

×    ×    ×    ×    ×    ×

★木を植えて、伐採して利用し、またそこへ再造林する、これを繰り返していくのが「林業」です。
それではじめて、木材が持続可能な資源となります。
伐採跡地がまだ寒ささかりのころ、「地拵え」(じごしらえ)という林地の整地作業をします。
苗木を植えやすいように、散乱した枝などの残材をひとところにまとめて地ならし、新植の用意です。

★「遠山に雪」がまだ残っているような3月から4月初めにかけて、「植え付け」。
苗木やさんの畑で実から育てた苗を、根を乾かさないよう菰に包んで、届いたその日に植えます。
「尺五苗」といって45センチ丈の、このあたりではスギかヒノキをヘクタール3000本植えです。

★植えてからほぼ7年間、夏の盛りに苗木の周りを刈る「下刈り」です。
雑草に負けないで日差しを浴びて育てるには欠かせない仕事です。
とくに2,3年目の苗が幼い時はシーズンに2度刈ります。この仕事は一番厳しいものです。

★すくすくと育って8年目には隣の木と枝が重なるようになって、下草が生えなくなると、つぎは「蔓切り」。
侵入した雑木や枯死した木「除伐」もします。
同時ごろ「根払い」という枝打ちで、胸高までの枝を落とす仕事もあります。

★根払いの終わった数年後、私の家では13年生ぐらいで第一回目の本格的「枝打ち」です。
本来は少しずつやるのが木に負担をかけないのですが、今時はいっぺんに4メートルほどまで枝を払い
落してしまいます。
山のプロ・ゆうさんの枝打ち
山のプロ・ゆうさんの枝打ち

★あとは折を見て20年生ごろから何回かの「間伐」です。
一度の間伐で、本数で2割から3割を伐り、このごろでは伐った木を横に積んで、林内に放置しています。
出してきて市場で売っても出材経費の方がはるかに上回ってしまうためです。
良材生産林はさらに6メートル「枝打ち」します。
ヘクタール3000本を植えた林が、除伐され、さらに間伐(まびき)数回をへて、60年後の皆伐時期には
およそ「600本」となります。
プロTさん間伐
チェンソーを使って間伐

沢山の手、長い時間をかけないと材木はできあがりません。
植林時も水をやらない、肥料はいっさい与えない、害虫駆除もできない、と自然にお任せ、でも手入れ
だけは絶対に必要です。使いやすい材木にならないのです。自然とどっぷり「四つに組む」仕事です。
このところ頻発の災害にはやられっぱなしです。
1988年の雪害
1988年の雪害

  1. 2011/12/02(金) 11:24:57|
  2. 山からの便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山からの便り その5

山からの便り その5        
                            池谷キワ子
 
猛暑が続きましたが、みなさまお元気に夏を乗り越えましたか。
山からのたより その5をお届けします。

「夏の山仕事は涼しい場所でいいわね」とよくいわれますが、労働しなければの話です。
ここ、多摩の森林も、林内を歩き回り、邪魔になっている木を伐り払ったり、歩道をガリガリけずったりし
ていると、人によっては首に巻いたタオルを絞ると、汗が滴り落ちるほど。
でも、木陰で一息つけば、沢からの風がなんともいえない仕合わせ感を送ってくれます。このごろは保冷剤や
冷えピタタオル、凍らせたペットボトルといったすぐれものもたくさんあり、お昼は至福のひとときです。
そらあけ会の昼食風景
いつもみそ汁が供される「そらあけの会」のランチタイム


材木の値段が下がりに下がって、いまでは行政の補助なしには「林業」の継続がむずかしくなり、自立した
一次産業ではなくなってしまいました。とくに今年は、林野庁が策定してきた「森林・林業再生プラン」と
いう仕組みが実行に移されるので、補助金の査定方法が大きく変化することになりました。
いま、国産材シェアーは27%。政府はこれを50%まで高めよう、だからほとんどが林内に放置されている
間伐材を、作業道をもっと造ってひっぱりだしてきて使っていこう、減少一途の山仕事の技術者を「フォレス
ター」として育ていこう、小さな所有者同士が結託して集約施業をやって効率をあげよう、という選択です。

でも多摩の山は、小規模すぎる林地、険峻で岩地多い山、村人の林業離れ著しい土地柄、実現が難しいのです。
補助金は税金です。森林に手がはいれば、環境が整い、下流に市民にたくさんの恩恵が届く、補助金は最大の
効果を得られる形でいただきたいものです。
著者の草刈の様子
道脇の草刈りしながら山へはいる筆者

そんな林政事情は関係なく、春から夏への森林はいつもどおりとても賑やかでした。
トリたちは競い合ってなき、先月まではホトトギスが「特許許可局」という独特の鳴き方で自己主張をして
いましたし、オオルリやウグイス、このごろ増えたガビチョウ、キセキレイやヒヨドリもうるさいくらい。
名も知らないさまざまな鳴き方のトリたち。
でもいまは、セミしぐれにかき消されています。アブラゼミ、ミンミンゼミよりも「カナカナ~」のヒグラシが
いいですね。そしてここ数日やっとツクツクホウシが秋を告げ出しました。
日照りのあいまに大雨のきた今夏は、沢も水量豊富。ザワザワと、一刻も早く流れ落ちたいと競っています。
ハチも多くて、わたしはすでに2回も刺されてしまいした。
大災害のあとでも変わらない多摩の山です。自然の力をうまく利用していくのが林業です。

初秋!ようやく下草のしげりが止まってきました。

五日市の街路樹
最寄り駅五日市の街路樹「サルスベリ(百日紅)」が満開

シュウカイドウ
シュウカイドウが咲き始めました

山ホトトギス
ヤマホトトギス

キノコ
名前を知らないキノコ

ヒノキ林
見学コースのヒノキ林 樹齢55年
  1. 2011/08/23(火) 09:43:49|
  2. 山からの便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山からの便り その4

ミツマタ その1
山からのたより その4
                                  池谷キワ子

林業を多摩地域で営んでいます。
そのなかで、日頃感じたり考えたりしていることを書いています。

3月11日、たいへんな災害が東日本を襲いました。多くの人命が失われ、伴って起きた原発事故が
陸も海も汚染してしまいました。わたしたちは歴史的な転換を迫られています。東北という地域がど
んなに日本中を支えていたかも初めてわかりました。
この災害をけっして忘れることなく、将来に生かさなければなりません。
わたしたちだれもが、いまその存在を問われてもいるのでしょう。

そんな中でも、季節は巡ってきました。春到来の山のようすです。
ミツマタ その2
このミツマタは4月11日の裏山のもので、和紙の原料として昔日に植えたものの子孫が生き残っていたものです。
近くの軍道という集落は、「軍道紙(ぐんどうがみ)」が家内工業として栄えたところで、コウゾ、ミツマタ
の皮が原料でした。私の家にも昔は軍道紙がたくさん蓄えてあって、障子紙にしたり大事な書き物に使ったり、
浅黒くて丈夫な紙でした。コウゾはカズとも呼んで、明るい林地に“にょきにょき”生えてすぐ大きくなり、
いまでは邪魔ものの木となっています。
一方ミツマタ和紙は、コウゾより白さは勝るけど、木の生命力はさほど強くないようです。
ここは藪に閉ざされていてわからず、昨年、群生して残っているのを発見しました。開花する4月上旬は、
まだ山の春は浅く、林床のみどりもわずかです。

龍珠院からの眺め
この写真は、「龍珠院」からの眺めです。
4月も中旬を過ぎると急に、山の広葉樹林帯はさまざまな芽吹きに彩られ、集落の家々もミツバツツジの紫や
ヤマザクラのやわらかなピンクで覆われます。人工林の濃い緑色との対比がくっきりしています。
この日は春の靄がすこしあって、残念な写りですが。

龍珠院
「龍珠院」というわたしの幼馴染の生家は、花のお寺として名を馳せていて、例年4月の第三月曜の「そら
あけの会」活動日には、その時期の仕事、竹林の間伐を早く切り上げて、春の息吹を堪能しにいきます。

養沢のイタヤモミジ

養沢という山峡の集落は、80軒余りの家が養沢川沿いに2㌔程続いています。ここは集落の入り口付近です。
真ん中の淡い黄緑色はイタヤモミジの花です。下のほうに養沢川がちらっと見えて、その向こうの建物が
「ささんた小屋」。森林ボランティアのみなさんにくつろいでもらう拠点、夏には「ボランティアステーシ
ョン」という身障者をふくむグループがキャンプをしているところです。

養沢は人工林率が80%ぐらい。地名がしめすとおり、多摩の中では比較的地味が豊かで人工林が多い地域です。
今では人工林化し過ぎといわれ、経済価値の低くなった人工林のスギ・ヒノキは、集落の住人からも敬遠され
がちです。以前はほとんどの人が山の仕事で生活していましたが、いまでは遠い町への通勤族がほとんどとな
りました。でも人工林は、先代の人たちがいつくしんで守り育てた木々です。
大事にしたい、役に立たせたい、そして、人工林にかぎらずすべての森林をよい状態にすること、これがわたし
に課せられていることなのです。
  1. 2011/04/25(月) 22:02:27|
  2. 山からの便り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

哲学者の内山節さんからの呼びかけ

<山からの便り>を書いて下さる池谷さんを中心とされる森林ボランティ
アのお仲間の方から、池谷さんからのメールを私に転送すことを躊躇した
けれど、機会があれば情報提供お願いします、というメールが届きました。

以下、誰しもが被災地の復興を願っていることと思い、此度の呼びかけ人
の内山氏の復興支援の強い願いのこもった文は誠に恐縮ながら省略させて
頂き、ご案内文のみをひろい上げ掲載させていただきました。 白井
 
-------------------------------------------------------------
私の所属する「森づくりフォーラム」という、森林ボランティアを支える
団体の代表理事で、哲学者の内山節さんから下記の呼びかけがありました。
賛同なさるようだったらぜひ、実行してくださいますようお願い申し上げ
ます。                     池谷キワ子
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    東日本大震災で亡くなった人々を、みんなで供養しよう

―亡くなられた方々の冥福を祈る日を
みんなでつくりだすことを呼びかけますー 
                 最初の呼びかけ人・内 山 節

  日時:2011年(平成23年)4月24日(日)

この日にそれぞれの場所、それぞれの方法で亡くなられた方々への冥福を
祈りましょう。また12時正午にはみんなで祈りを捧げたいと思います。

ご自身の信仰をおもちの方はその方法で、また他の方々はそれぞれが思い
ついた方法で、全国津々浦々でみんなが送る日にしたいと思います。

この度の大災害で亡くなられた方々に対してはすでにご遺族の方々などの
手によって、精一杯の供養がおこなわれたことだろうと思います。
しかしその一方で、ご家族が全員亡くなられるなどして、誰にも送っても
らうことができないでいる人たちもおられると思います。亡くなられた方
々を十分に追悼することなく、未来を語ることに私はためらいを感じます。
私たちの役割はこれからも持続的な支援活動を続けながら、被災地の復旧、
復興に協力していくとともに、この直接、間接的な活動を通して社会とは
何か、社会はどうあるべきか、暮らしや労働をどう変えていったらよいの
か等を捉え直し、日本の社会を再生させていくことだろうと思います。
その意志を示し、未来への歩みをすすめるために、みんなで東日本大震災
で亡くなった方々を供養する日を設定することを呼びかけます。

  1. 2011/04/21(木) 14:44:06|
  2. 山からの便り

山からの便り その3 林業の現場から

そらあけの会のメンバー
そらあけの会のメンバーです。枝打ち講習の先生とたき火を囲んで

山を守るということ ~林業の現場から~
                                  池谷キワ子

林業を多摩地域で営んでいます。
そのなかで日頃感じたり考えたりしていることを書いてみたいと思います。
今回は市民との交流についてです。

私の家は180町歩(㌶)所有林地で、多摩の中では中位の規模です。
それでも20年前の父からの相続の後、専従の作業員を雇える状態ではなくなってしまいました。ここ
10年、ある程度のまとまったエリアの木をみんな伐る「皆伐(かいばつ)」での伐採をしてきていま
せん。材価が下がって、伐採適齢林を伐ってもほんのわずかな代金しか手にできなくなったからです。
それで、17年間、森林ボランティアの方々に手伝ってもらったり、国からの補助金を最大限利用したりで、
なんとか山の手入れを続けてきました。

私の代になった当初には、ひとりだけ残っていた作業主任の「ユウさん」ですが、ボランティアを受け
入れると聞いて、「素人がどんな手入れをするのか、今まで良材をめざして丁寧に育ててきたのが水の
泡だわ」と反対でした。でも、とびきりのOLリーダー嬢に「ユウさん教えて!」とせがまれたり、鉈(なた)
一振りで切り落とす枝打ちを見て「すごーい」と感嘆のことばを貰うと、ユウさんはすっかり森林ボランティア
と仲良しになってしまいました。
枝打ち鉈の砥ぎ具合を見てもらう
枝打ち鉈の砥ぎ具合をユウさんに見てもらう林土戸のメンバー。
近ごろはのこぎりで枝打ちしています。

「林土(りんど)戸(こ)」「そらあけの会」などのグループはずいぶん長く通って来てくれました。
春は雪起こしや竹間伐、夏は下草刈り、秋冬は枝打ちと間伐です。
枝打ち中。梯子に登って4メートル!
そらあけの会が枝打ち中。梯子に登って4m程の高さまで枝を伐ります

この頃は幼齢林が無くなったので、夏は道路縁刈りや山道づくりをしています。ボランティアグループは
様々な立場の人がゆるやかなつながりの輪をつくっていてとても和やか雰囲気です。
わたしもその一員としてずっと一緒に作業してきました。たぶん「環境に貢献」というだけでは継続はしな
かったでしょう。

多摩林業地の役目は、大都会市民に森林を理解してもらうエリアなのです。
そこでわたしは、家のすぐ裏山に見学コースを造りました。
山の案内コースで説明する製材業の田中さん
山の案内コースで説明する製材業の田中さん

親子三代に渡って木を育てる林業はどんなものなのか、大昔から人々はどんな風に森林を利用し恵みをもら
ってきたのか、たくさんの生命体が食物連鎖のピラミッドを造って生きている森林というフィールド。
四季折々に咲く野の花や生き物に出会い、森のフィトンチッドの浴びる気分のいい場所、と、一巡すれば体感
できるところとして、ゆっくりと散策していただけるようになっています。
羽村市子供会。沢のお掃除と体験間伐。
羽村市子供会がそらあけの会指導で沢のお掃除と体験間伐。
森林インストラクターから森のお話しも聴きました。

スギヒノキ材をもっと利用してほしい、外国の山を裸にし、砂漠化させながら、国産材が使われない
ために日本の山が荒廃しているという現実。
もっと日本の木を使ってもらって、森林を伐採したらまた次の木を育てていく、再造林といいますが、
山を持続可能な資源としてつなげていきたいのです。

建築用材を育成するだけでなく、山菜を育てたり蔓を採集するといった様々な形で林地を活用していく
ことが、山の整備保全が進むことにつながっていき、伝統的な日本の木の文化や技術を守って、雇用促
進にもなるのですから。
  1. 2011/01/03(月) 18:39:26|
  2. 山からの便り

山からの便り その2

山を守るということ ~林業の現場から~初夏の山
初夏の山
秋の山
秋の山
冬の山
冬の山

東京都あきる野市で林業を営んでいます。
そのなかで、日頃感じたり考えたりしていることを書いてみたいと思います。

上記の写真の山は養沢という、私達のフイールドの入り口の山で、見える林地は我が家の所有ではありません。
広葉樹の天然林と針葉樹であるスギヒノキの人工林が、春秋にははっきりと分ります。

さて、山はさまざまな働きをもっていて、とても総合的な存在であると誰もが知っています。その日本の大事
な自然、大切な資源である森林をどう未来につなげていったらいいか、みんなでしっかり議論を深めていかな
くてはならない時になっています。
林業が衰退し、山菜など山の恵みも畑で作られ、人々が山に入らなくなって、森林が荒廃してきたからです。

戦時中、林木の伐採、特に人工林がたくさん伐られはげ山が増えてしまった。
洪水が起きたりしたのに、復興期の家づくりのため材木需要が高まって伐採が増え、材価も高騰しました。
そのため国は緑化を強力に推進し、日本の森林の40%にあたる1000万ヘクタールの人工林ができました。
それらが今成熟してきて、伐採の時期を迎えてきています。

しかし、ここ2,30年は材価の下落が進み、林業は長い不況のトンネルに入ってしまったため手入れが滞って
きてしまいました。外国から関税なしで丸太が輸入され、為替格差などにより、日本における外材のシェアー
が80%以上になったのもひとつの原因です。(昨年は73%に少し下落)
外国の木は天然林が多く、大径木で利用しやすく、家づくりもツーバイフォーなどプレカットをして建てる
方向に進みましたから、長い歴史を持つ伝統的な在来工法で国産材を使っての家づくりをする方法は、
ハウスメーカーからおいてきぼりにされてしまいました。

でも日本の山のほとんどは、人が手を入れてきた二次林です。
天然性の広葉樹林といっても、薪炭をつくり、落ち葉を肥料にするため、コナラ、クヌギ、シデなどの有用な
広葉樹を選んで残してゆき、萌芽更新(切り口から自然に出る芽を育てる)により持続的に森林を守ってきま
した。

人工林の方は、スギ、ヒノキなどの苗を植えて育成し、皆伐または択伐(利用間伐)しては跡地に再造林する
ことで、持続可能な方法で健全な森林状態を保ってきました。どんな森林も手入れが絶対に必要なのです。
そっとしておいていいのは純天然林の白神山地や知床の森だけです。

健全な森林は「森林生態系の健全性と地力などの活力の維持」といわれており、手を入れて初めてあらゆる
森の機能がちゃんと作動します。それらは水源涵養、CO2の固定、国土保全、動植物の住まい、人への保
健機能、雨を育み気温をマイルドにし風を防ぐ、などたくさんありまね。元気な森林が上流にあることは、
下流のわたしたち都市の人々の生命線になっているといってもおおげさではないのでしょう。

そしてさらに無垢の木を家づくりに使うことは、木材の持つ調湿作用が働き、人の健康に快適に作用しますし、
CO2を吸った木は、それを炭素として固定したままでいます。

日本の山は、地形がデリケートで起伏ある山ひだを持ち、気候的にもさまざまで、土壌も変化に富んでいると
いう豊かな表情を持っています。そして山林の3分の2は民間の所有で、その形態も複雑になっています。
森林の育成には何世代もかかるものですから、それら日本独特の山の条件を踏まえて、先を見つめた広い視野に
立つ国の政策が何より大事と私は考えています。
                                       池谷キワ子

  1. 2010/11/05(金) 17:48:17|
  2. 山からの便り

山からの便り その1

樹齢140年の樹
山からの便り その1
                                  池谷キワ子

私の家と所有の林地は、東京都あきる野市養沢というところにあります。
正確に言うと私は、今は夫と調布市に住み、養沢の家は生家です。
林業を父から引き継いでいから20年、週に数日1時間余かけて通っています。

写真は家屋敷に隣接する裏の山で、わずかなエリアですが140年生の木々(スギヒノキ)が残っています。
私たちが通常「やま」と呼んでいるのは「林地」という意味あいで、それもこのあたりは里山ですから、
「やま」は1ヘクタールどころか、一反(約300坪)とか一畝(約30坪)のような小区画が多いのです。

で、この「やま」は右手上部にある小さな神社の鎮守の森にもなっていて、伐りだしやすい場所でもあるため、
この樹齢まで珍しく伐られずに生き延びてきたのです。
写真でみるととても140年経った樹木にはみえませんね。

中央の沢沿いに奥へ延びている小道は、以前は山の銀座通りで、たきぎを背負った人が行き交っていました。
140年前といえば、わたしの曽祖父のまたその祖父であった次郎兵衛じいさんが、初老期だった明治初年ごろ
植え付けたことになります。
ギバナアキギリ

小道の両脇にはキバナアキギリ、ヤマホトトギス、イヌショウマ、ミズヒキ、シュウカイドウなどたくさんの
花々が、ついせんだってまで咲き誇っていました。
ムササビの巣穴樹木やリスの遊ぶ幹もあり、いのちが多く感じられる林地です。
                             
  1. 2010/10/17(日) 17:34:39|
  2. 山からの便り

山からの便り はじめに

山からの便り 
                            
日本の自然~森林について~

名古屋大学名誉教授の只木良也先生の<森はいきている>という文章の中に、
「気候条件が豊かな緑に恵まれた森林の成立を許す国土、そこに住む日本人は、それだけでも森林のない国々
の人より幸せである。だが、日本人の、自分たちの国土の緑の衣ともいうべき森林に対する知識は、決して豊
かとはいいがたい。そのために、いままでどれほど国土を損傷し、自分たちも損害をうけてきたことか。

日本人の森林に対する知識の低さは、森林が日本人にとってありふれた景色であったせいといってもよいであ
ろう。それは「空気のような」存在だったのである。「空気のような」とは、ふだんは身の回りにあって当た
り前、その有り難さには気がつかない。だが、それがなくなったら、という意味である。空気のような存在の
森林は、空気のように大切なのである。」

とあります。都会に住む私達多くの人は、日常の生活と森林との係わりを考えることなく生活をしております
が、“酸素”“水”“食料”といった生命環境に深く係わり、“建物”をはじめ、日本文化の基盤となる森林
の存在について、開発が進んだその現状について、誰もがその現状を知る必要があるように思っております。

今、私は全く森林についての知識がありませんので、興味を持ちつつ、時間をかけつつ、日本の森林について
知っていこうと思っております。
皆様にも、ご興味持っていただける方がいればと、このHPに興味の窓口を作ることに致しました。少しずつ進む
ページとなりますが、無関心から少しでも関心へ、と、心を向けながら作っていきたいと思っております。

さて、森林については立場によって様々な見方があり、奥山と里山とでも大きな違いがありそうです。
まずは、このページを作るにあたり、森林ボランティアを務める岡田さんを通して、女性林業家(育林家)の
池谷キワ子さんが、“森林事情”についての文章を四季折々に、書いて下さることになりました。

まずは第一歩として、どうぞこのページを読み続けて下さいませ。

  1. 2010/10/08(金) 16:01:52|
  2. 山からの便り
  3. | コメント:0
前のページ

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (161)
うみ風からの便り (50)
山からの便り (29)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR