FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

雛の日の幕引き

3月3日雛の日に、茶道の師匠が最後のお茶会をご自宅で開いて下さった。
何代かにわたるりっぱな雛人形が広間にいく対も、いく段も飾られ、美しく、楽しいお迎えをいただいた。
お隣がたまたま茶道の先生でいらしたから、まだハイハイの頃からお邪魔して、なんとなくお茶の雰囲気
を楽しんでいたみたいよ、と笑顔で話される先生の御年は90歳近くなられた。点前の手順などは三の次
四の次、それにこだわり過ぎた、“茶味”のないお茶なんか嫌い、嫌い、と後年はよくおっしゃっられ、
稽古場はいつも和やかであった。私もその気になり、お稽古を重ねるよりも、伺っては今では考えられない、
昔の優雅なお嬢様の生活を聞かせていただくことばかり熱心であったが、先生はとがめることなく、お茶飲
んでおしゃべりしていくだけでよいのよ、と私の茶道の稽古を見守って下さった。

最後の茶会に、茶室には大事な床の間にどんな軸が掛けられるのか、朝の仕度のお手伝いに伺った私は、
そんなことが気にかかっていた。朝の仕度の際には、先生が学ばれた日本茶道学会の創始者が書かれた
“寿”の一文字軸がご用意されていたはずが、いざ皆様が揃って茶室に入れば “道”という一文字の軸が
掛けられており、胸に染み入った。ひとまず稽古場を閉じるというこの日、師匠はどんな思いで“寿”と
いう軸を選ばれ、最後の最後に“道”というこの軸にかえられたのか、90年近くの茶道人生に想像が及ば
ない。茶道における軸とはこいうものかと、よくよく教えられた。

少々寂しくなるけれど、これからは“侘び茶”を楽しませてもらうわ。
とお隣に座らせていただいた際に、先生が笑顔で独り言のようにつぶやかれた。
「これからは…」、か。師匠には恐れ入る…最後の最後には背中を伸ばされた。抹茶の美味しさを知って
いただこうと始めた抹茶の会が、いつのまにか基本の基本だけとは言え、茶道の稽古の形にしてしまった。
分っているつもりの自分がいないよう、心せねばならない。

3月。さまざまな卒業の場面があるが、恩師の見せて下さった幕引きは、長年のお香と茶の香りの染み込ん
古い屋敷の匂いとともに、「日本のお茶もいいな」と思う私の心を、底から支えて続けてくれそうな、そん
な場面になることであろう。これから“侘び茶”を楽しまれる、師匠のご健勝を祈るばかりである。

  1. 2012/03/24(土) 18:45:02|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<季節をのぞく | ホーム | 容三さんの一周忌>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisuisaryou.blog55.fc2.com/tb.php/97-0b855d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (163)
うみ風からの便り (54)
山からの便り (31)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR