FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

クレソンのサンドウィッチ

クレソンのサンドウィッチ
故人を偲んだ彼岸の時も過ぎ、桜の開花宣言。
供養に訪れてくれた叔母と母が故人を偲びつつ、故郷の春の話となった。

「昔は小さな小川がけっこう、あっちこっちにあったのよね。」
「そうそう。 “春の小川” の歌詞みたいに、本当に春が来ると “さらさら”
という音がするように水が流れ出して、草むらには“蓮華”やら花が咲いて。
子供心になんて綺麗な光景だろうかと、何度も足を止めたわねぇ。」

私には小さな小川は想像の場面になるが、春の遠足などで、蓮華がたくさん
咲いていれば、母は必ず“蓮華の首飾り”を作ってくれたことを思い出した。

さて、3月初旬。父の故郷から例年どおり “クレソン”がたくさん届いた。
スーパーには一年中りっぱな“クレソン”があるが、上から下まで柔らかくて
独特な辛さも生で食べるには程よい、走りの3月の美味しさ!

6枚切りのパンならトーストをして、10枚切りなら焼かずにそのままで
<バジルペースト> に “わさび” を混ぜて、それをパンにたっぷりと塗って
“クレソン” を思いっきりたくさん挟んで、
シンプルだけどとても美味しい春のサンドウィッチが楽しめます。

ご紹介すると皆様 <バジルペースト>に “わさび”?と驚かれますが、
サーモンのサンドウィッチ等にも重宝しますので、試してみて下さい。

先日、今年最後の<バジルペースト>の便が届きました。
緑の栄養力! 春の体の力に元気をくれるような美味しさです。
露地もののクレソンの旬はまだしばらく続きます。
手間のかからない春のサンドウィッチで朝食、いかがでしょうか。

  1. 2016/03/24(木) 11:20:44|
  2. 店主の日記

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (163)
うみ風からの便り (53)
山からの便り (30)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR