FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

素朴だけれど洗練されている時代菓子 「椿餅」

椿餅
季節を形にする和菓子は楽しい。時に、お茶会やお稽古に用意するお菓子を
考えては菓子職人さんに依頼をする。
1月の終わりから2月の初めにかけては「椿餅」というお菓子をお願いした。
椿餅とは、椿の葉の間に俵形の道明寺生地 (餡入り) をはさんだもので、
“関西風の桜餅”に形が似ている。

「“椿餅”をお願いしたいのだけど、今回は “とらや”さん風に、生地にニッキを
混ぜこんだものにしたいのだけど。」
「えー!!ニッキ入れたら生地が茶色になりますよぁ!?」と電話口の職人さん
はのけ反るような反応。

「私、好きなのよ。ニッキの味も好きなんだけど、源氏物語に出てくるという、
平安時代のその時代の色を出したくて、あえて白色でもなければ牡丹色でも
なくて茶色って言うか、錆びたような色に仕立てたっていう趣向が。」
「そりゃあ、私は職人ですから、こんな風なもの作ってほしいって、言われりゃ
作りますよ。だけど、ぱっと見た時、綺麗な色の方が皆さん、喜ぶんじゃない
ですか?いいですよ、そりゃね、先生がそう言うんだから作ってみますけど。」
困った声で電話は終わった。

後日、出来立ての「椿餅」を届けてくれた職人さんは、一緒に新聞の切り抜き
をお持ち下さった。今朝の新聞に丁度「椿餅」についての記事が載っていたと
のこと。 “つばきに感じた生命の輝き” と題した記事には “とらや”さんの
「椿餅」にも触れている。

「いやね、こんな風に季節に合わせてお菓子作れるのは何よりだよね。
源氏物語の若い貴族さんの蹴鞠の場面に出てくるお菓子に寄せて作る、
なぁんてのは、また楽しいね。うんうん。」上機嫌の職人さんのお話は続く。
「私のとこあたり(芝)の和菓子屋さん2軒、●●さんと、●●さんとこね、娘さん
ばっかで跡継ぎ諦めてたら、最近になって、お婿さんが後継いだんだよね。
お婿さん、いいとこ勤めてたんだよ。だけどさ、時代かね。今の時代、大きな
会社勤めてたって先々分かんないから、だったら、腕一本で成り立っていこって、
ことかね。娘はちゃんとおとうちゃんの背中見てんだねぇ。」

サラリーマンより和菓子職人、この話には驚いた。けれど、嬉しいこと。
美味しいことは大前提で、野暮では駄目だし、豪華な必要はないけれど、笑み
が出るような趣向で人を喜ばせることが出来るって、すごいことだ。

今日は東京は暖かな日差し。「椿餅」から「桜餅」へとお菓子の季節も移る頃か。
そういえば、今年はまだ「うぐいす餅」を食べていなかった。梅の花咲くこの季節、
和菓子屋さんの店頭には、「うぐいす餅」を並べるお店もまだ多くあると思うが、
楕円形を半分に折って、青黄粉をかけて “うぐいす”に見たてた、このシンプル
なお菓子の見たて、その説得力に頷かされる。
チョコレートも大好きだけれど、この季節ならではの和菓子と、その相乗効果で
味わう日本茶を、楽しまないのはもったいない、とやっぱり思ってしまいます。

  1. 2016/02/13(土) 15:17:43|
  2. 店主の日記

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (161)
うみ風からの便り (50)
山からの便り (29)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR