FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

レモンと榊

干しレモンを作る
夏の夕方。縁日の日に、近所のお不動様にお参し、屋台の並ぶ境内を歩いた。
思っていたより子供が多くはしゃいでいて、人でにぎわう光景につられて、私の
気分も浮足立つ。

久しぶりに植木や盆栽の並ぶ場所にまで足が進んだ。
「あれーレモンの木?」「おぉ、そうだよ。これからどんどん大きくなるよ。」

青々とした緑の実のついた鉢に思わず目が止まる。
店主がすかさず声をかけてくる。

「レモンの木を育てるのは難しい?このレモン育ったら12月に収穫出来る?」
「おぉ、簡単、簡単。寒くなるまでは毎日水あげて、寒くなったら土が乾いて
から水あげりゃ、もう、12月にバッチしよ。」
「ほんと?じゃさ、もしかしたら毎年12月にレモン収穫出来る?」
「出来る、出来る。12月にバッチし。肥料サービスしちゃうから、それを毎月
あげてくれたら、もう、すごいから。春になったら鉢大きくしたらいいよ。」
「ほんとかなぁ・・・」
「なに言ってんの。おじさん毎月ここに立ってるんだから、嘘言えないよ。」

これ以上の話は屋台の前では無粋。無粋。
おじさんの話にのって、さらには榊の木まで目に留まったので買ってしまった。

父の誕生日は12月。毎年この月に収穫出来たら楽しかろう、
榊は毎月1日に新しい枝を神様にお上げしよう・・・

などと算段をしてほくそ笑んだ、まこと気分のよい夜から数か月。
青々としたレモンは順調に順調に大きくなり、11月にはパンパンに大きくなり、
12月になったら黄色く色づいて収穫かな、と毎日楽しみにレモンを眺めていたが、
そのうちにだんだんレモンがしぼんできてしまった。

首をかしげること数日。ようやくネットでレモンの育て方を検索してみれば、
レモンは緑色のうちに収穫しないといけないことを知った。
当たり前だが、榊の木も勝手な想像通りすぐに大きくなる訳もなく、一度枝を
切っただけで、次に榊を神棚にお上げ出来るのはいつのことやら、とせっせと
水を上げている。

レモンは収穫後、はちみつ漬けや天日干しにして重宝していて、天日干し、
これがなかなか面白い。
今日は本当は入荷してきた天日干しの<ジンジャー>について書きたかった
のだが、あまりにも前置きが長くなってしまったので、それは次回に。

ところで、今朝お客様から連絡を頂戴した。
日暮里駅から徒歩10分のところにある「上野桜木あたり」と呼ばれる古民家で
「豆の展示会」という企画が3日間開催とのこと。
以前ブログでもご紹介した、山形県川西町で採れた「紅大豆」など
約30種類の豆などの試食、販売、食べ方の紹介などがされるようです。、

豆は大事な特産物。作ってくれていてありがとう、という気持ちになります。
せめて1袋買いででも、応援したいところです。
ご興味ありましたら、お出かけ下さい。

[山形かわにし 豆の展示会]
開催期間 平成27年12月4日(金)~6日(日)
開催時間  4日(金)午後1時~午後7時
        5日(土)午前9時~午後7時
        6日(日)午前9時~午後4時
会  場 東京都台東区上野桜木2-15-6 ≪入場無料≫
上野桜木あたり http://uenosakuragiatari.jp/ 






  1. 2015/12/05(土) 11:38:47|
  2. 店主の日記

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (163)
うみ風からの便り (53)
山からの便り (30)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR