FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

60歳の誕生日会に招かれて

美作晩茶とかりんとう
「60歳になる女子達が、可愛く記念誕生日会を開くから、そこでちょこっとお茶会開い
てくれない?料理自慢の友人が、腕を振るってディナーを用意するから、それを含め
てどう?」とお誘いを受け、後学の為に・・というよりディナーに惹かれて二つ返事。
60歳。これからどう暮らしていくか、という話も含め、楽しく、美味しい時間をおすそ分
け頂いてきた。
私からは、皆様へのエールの気持ちを込めて、どれももう、作られなくなってしまった
お茶だが、九州、岡山、高知の在来のお茶で、作り手の方が80代の年で作られたお
茶を3種類お持ちした。私の知る限りの、お茶作りの大変さをお伝えし、高齢の体で
それを成し遂げる真面目さや大変さを思い、時間を急がず、丁寧に作られたお茶を、
皆様、しみじみと味わって喜んで下さった。

また、意外な程、お茶請けにお持ちした “かりんとう” が大好評であった。
説明には、信州安曇野のかんりとうブランドの「蔵久」と養命酒製造㈱が運営する
ショップ「くらすわ」とのコラボにより誕生した「和養生かりんとう」とある。
黒ごま、みかんの皮、ウイキョウ、シナモン、サンザシ、ガジュツ、といった和漢素材
を配合してある“かりんとう”で、なかなか面白い味。
「なんだか、体が元気になる気がする」、と皆様のテンションが上がった。
気持ちが上がるのは大事。大事。

私はこの「くらすわ」という施設が気になっている。
施設の運営はあの“薬用養命酒”の会社がしているのだが、紹介には、
「くらすわ」は、養命酒で培ったノウハウ、そして永きに渡って築いてきた信州の独自
のネットワークを生かすことで、信州における本当に美味しいもの、からだにいいもの、
生活に潤いを提供するものを積極的に商品化し、皆様一人ひとりのためにお届けす
る施設です、とある。

東京にはたくさんの各地のアンテナショップがあるが、ちょっと横並び感を感じてしま
うところがあるが、「くらすわ」はそれとは少し違う趣で、根っこをどんどん伸ばして、
たくさんの信州のよいものを発信してほしい。
今日の3種類のお茶は、どれも手作りのお茶だったけれど、作り手が違い、作り方が
違い、茶葉の育った環境の違いがあって、それぞれの美味しさがあったと思う。
これを本当に大事にしたい。

「くらすわ」は長野県の諏訪湖のほとりにありますが、ネットショップもあります。
ご興味ある方はのぞいてみて下さい。
  1. 2015/04/13(月) 01:23:09|
  2. 店主の日記

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (169)
うみ風からの便り (55)
山からの便り (31)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR