FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

2月の思いがけないお客様 

香蘭と梅
アッという間に2月も過ぎてしまったが、それにしても、思いがけないお客様が
多い月だった。

友人の友人が仕事の関係でフランスからお客様をお招きしたが、観光には1日しか時
間がない。そのお客様から突然、美味しいお茶が飲みたい、というリクエストが出たが、
「改めて美味しい日本茶と言われても・・・」と首をひねり、巡り巡って、前日の夜、私の
処まで縁がつながってきた。
すでに予定は入っていたが、〝美味しい日本茶”という知人の上手な言葉のエサに引
きずられ、翌日の朝に来て頂くことにした。

翌朝のお客様の滞在時間は40分。1時間はと思って準備をしたので、さて、どうしよう。
お客様は抹茶が飲まれたいのかな、と思いつつも、しっかりとした「甘い」「苦い」「渋い」
「爽やか」を同時に味わえる、ふくよかな抹茶は、一服で満足される可能性がある。
私とて、当店の抹茶<清爽>は、爽やかな余韻が自慢なので、他のお茶と飲み比べる
という楽しさより、ゆっくりと味わってもらいたい。
抹茶の美味しさは捨てがたいが、外国のお客様に、日本には抹茶以外にも美味しいお
茶があることをご紹介したい。

どうしよう。簡単な紹介を受けながら、頭が巡る。まずはの一杯を何にしようか・・・。
と、お客様が笑顔で、中国茶がお好きだと言った。「あっ・・それならば・・」。
急ぎ、我が家の小さな小さな白梅の木から咲きほころんだ花をいくつか摘み取り、そ
の梅の花と、香りのよい緑茶<香蘭>をお出しした。香りをじっくり楽しまれているお
顔が美しい。中国から伝来した梅は、日本でも昔は桜の木以上に愛でられていたこと、
<香蘭>は烏龍茶の作り方が生かされているお茶、という話に笑顔で驚かれ、
「日本は何でも独自の文化にして、綺麗に仕上げてしまうのが素晴らしい!」とのこと。

梅干しを少しだけ混ぜ込んだ小さな温かいおにぎりをお茶請けに、<秋冬ばん茶>を
煮だしてお出ししたが、自然のままに育ったお茶の説明が、どこまで伝わったか分から
ないが、枝ごと入ったお茶を面白そうにご覧になり、枝も美味しさのひとつにしてしまう
ことに、関心されておられた。

抹茶をお出しする前にタイムアウト。これから皇居へ行ってみるというお二人に、
景品でもらった携帯用マグに<岩しみず(天日干し)>と熱湯を入れて、お渡しした。
紙コップ2つ。〝かりんとう”を数個をポチ袋に入れて「皇居のお庭のベンチでどうぞ」。

あっという間の出会いの時間。もう、お会いできる機会もないであろう方に、抹茶をお
出しできなかったことは少々悔いるが、お二人との時間は、当店の抹茶以上に爽やか
な余韻の残る楽しい時間であった。
  1. 2015/02/27(金) 10:13:32|
  2. 店主の日記

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (163)
うみ風からの便り (54)
山からの便り (31)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR