FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

お茶が好きな子供たち

冷たい清爽(抹茶)
先日からただ今電車ごっこがお気に入りの、小学校3年生になる甥っ子が我が家に来ている。
家いたるところ、駅名や通路案内、時刻表、広告を書いた張り紙が貼られている。
花が咲いている屋上は花畑駅、服が下がっている部屋はふく駅(漢字で書いていないところが情けない)
階段の途中には坂上駅と坂下駅、少々暗い階段はトンネル、といった調子だ。
一昨日は「アルバイトぼしゅう中」の張り出しが出て、私の隣の部屋はアルバイトの仕事部屋になっていた。
ドアには「仕事をすると、ちしきとちえがもらえます。アルバイトしませんか。」と書かれた紙が貼ってある。
知識と知恵は違う、と心得ているのか、思わず吹き出してしまった。私の部屋は、なぜか役場になってた。
職員は紙で作った亀(亀じい、と名が付いていた)とセロハンテープとハーブのエッセンス。「役場の職員に
しては頼りないメンバーだなぁ。」と言ったら、「亀じいは頭いいんだよ、セロハンテープはみんなを仲良く
できて働き者だし、これは(エッセンス)いい匂いでぇ、みんなを喜ばせるから、これだけで十分なの。だい
たい、役場は他の場所より一番多く働ている動物とかいて、い過ぎなくらいなんだよ。」となかなかなことを
言っていた。子供は面白い。この甥っ子は、水とお茶が好き。ジュースは飲まない。

6月のある日、梅畑をもっている友人がたっくさんの梅をもいで我が家に届けてくれ、その時5歳になる甥っ子
くんを連れて来てくれた。彼はすぐに仲良しになってくれた。
先日私が高熱にダウンした際、友人が甥っ子くんに「この前お家に行った私のお友達が病気になっちゃたの。」
と言ったら「じゃぁ、お便り書かなくちゃね。」と言ってこのお手紙を書いてくれたそうだ。私の似顔絵らしい。
お見舞いの手紙
「これお姉さんに渡す時、何か言うことある?」と聞いたら、しばらく考えて「大好きー。」叫んだそうだ。
全くもう、可愛いとしか言いようがない。この甥っ子くんもお茶が大好きだった。

先月は、3歳になる女の子がお茶のお稽古に来てくれた。浴衣を着てちょっと正座までした。
熱い湯を使うのは心配だったので、お稽古は冷たい水で抹茶<清爽>を点ててもらった。この抹茶はお母
さんに飲んでもらうつもりでいたが、本人が、もう、ぐびぐびぐびぐび、「美味しい。もっと飲む。」と夢中に
なって「もう一回やる。」と上機嫌。
へぇ。ここまで美味しいと感じてもらえるとは予想だにせず。子供もお茶の美味しさが楽しめるのか。

今日はすっかりお茶の話とは離れてしまったので、最後にもう一度夏のおすすめのお茶のご紹介を。
抹茶<清爽>を冷たい水で点てた(溶かした、が正しいのかもしれないが)お茶を、子供が喜んだことを書いたが、
大人にも大好評だ。今月のどの会でも喜んでいただいている。抹茶は熱湯でないと駄目、と思っていらっしゃる
方が多いように感じたが、ちゃんと振るいにかけて空気をふわりと含んだ抹茶は冷水でもよく溶けてくれる。

暑い日元気がでる飲み物として、ぜひぜひお試し下さい。

※<清爽>は、出来るだけ挽きたての抹茶をお届けするために、ご注文いただいてからお手元にお届け
するまでにお時間を頂戴しております。ご了承下さい。










  1. 2012/08/15(水) 20:36:23|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松陰神社前のカフェ「タビラコ」さん | ホーム | 喉越しのよい冷やし茶>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisuisaryou.blog55.fc2.com/tb.php/116-4acfef58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (169)
うみ風からの便り (55)
山からの便り (31)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR