FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

中山間地のお茶 

藤かおり
小柳さんの茶園は、静岡県藤枝市、空気澄み渡るのどかな中山間地にあります。
前回伺った際に、小柳さんが遠くを指差し、「あれ、高速道路でさ、こっちの
方まで伸びてくるらしいよ。なんだか、資金が足りなくなって、途中で工事が
止まっちゃってるけど、あれが伸びてきたら、空気はもう駄目だね。」
とお話下さいましたが、その後、どうなったことやら。

山間地の茶畑は良質な茶を生育するといわれていますが、急斜面のひと茶畑
の面積が狭い畑では機械を導入しての効率的な仕事が難しく、平地の茶畑管
理にない苦労も多くあるかと、想像しております。
その上、小柳さんの茶園は珍しく、多品種のお茶を育てて製茶しています。
品種が違えば育て方も、収穫の時期も、お茶の作り方も違ってきますから、
“効率化″には向きづらく、あれもこれも手をかけての茶作りとなります。

そんな小柳さんの茶園から、数種類のお茶が届いております。
まだ新茶の青っぽさが際立っておりますが、高めの湯で淹れた<藤かおり
などは本来の味わいも楽しめ、<香蘭>もおすすめです。

静岡ののどかな風景は貴重で、そこに生きて苦労多くして良質なお茶を育て
お茶作りをして下さることに感謝しつつ、皆様に、小柳さんの2011年の新茶を、
ご案内申し上げます。
  1. 2011/05/31(火) 11:45:53|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お茶の淹れ方

伊勢の緑
伊勢の緑>が好き、という友人からメールが届きました。

しらいちゃま

忙しいところご返信をありがとう!
私本当に“伊勢の緑”のファンなのよ☆
だからいつ送ってくれてもOK☆

何度か入れて思ったのだけれど
やっぱりゆっくり大事に入れないともったいないなぁって。

というのもずっとゆっくり入れてたんだけれど、
(沸騰→急須・茶碗を温める、お湯を少し落ち着かせる→器の湯を捨てて、
 急須に茶葉を入れてそ~っと湯を注ぐ、程度だけれど…)

この間バタバタしていてすぐ入れちゃったの。
沸騰→急須に茶葉を入れて湯を注ぐ、って。
そしたら全然、味が違ってショックだった~!!

くどい味とかは全然しないけど
むしろ味が・・ほとんどない。さみしいことになってしまったのでした。

美味しいお茶だからと思って、お茶だけ渡して「飲んでみて、美味しいよ」、
では、“次回は自分で購入”まで行きづらいなぁ~と思ってしまった。
・・・・・・・・・                      M子

先日のお茶会でのお客様との会話
「私、たくさん荒茶を買いまして、なので友人に配ろうと、茶葉をお茶パックに
 たくさん詰めました。」とお客様。
「荒茶をわざわざお茶パックに詰めて、ご友人たちに渡されたの?」
「はい、飲んでもらいたくて。」
「パック入りがいいのかしら、ね。やっぱり。」
「か、簡単ですので、それなら多分飲んでもらえるかな、と思いまして。」


先週、届け物をした知人宅で。
「お茶淹れるけど、白井さん日本茶がいいでしょ。」と言って
静岡の手揉み茶を淹れてくれた。
茶葉の量を聞かれたので、これくらいと言って急須に茶葉を入れたのだが、
その後、沸き立ての熱湯を勢いよく急須に注ぎ、10秒も待たず、湯飲みに
注がれた。「美味しいね」とおっしゃるので、思わず「ホントー!!?」
と言ってしまった。
ひとしきりおしゃべりをした後、今度は紅茶を淹れてくれた。
ポットを温め、茶葉は自ら入れ、熱湯を注ぎ、そしてすぐさまタオルをポット
に掛けた!パラリと掛けただけなので、多分意図した(…もしかしたら理由は
分ってないのかもしれないが…)ティーコジーの役目をキチンと果たしている
訳ではないところが可笑しかったが、とにかくタオルをポットに掛け、3分は
待って、カップに紅茶を注いだ。
「紅茶はよく飲むんですか?」と聞いたら、「得に紅茶はって訳じゃないわよ。」
うーん。帰り道、ポットに掛けたタオルを思い出しながら、ちょっとだけ
考えさせられました。

  1. 2011/05/30(月) 00:52:29|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香り かぐわしき名宝展 

香り展
しっとりとした雨の日に、香を炷くのはなにより。

さて、明日29日(日)で展示が終わるというのに恐縮ですが、香を聞いている
うちに、ご紹介しておくかという気になりました。

東京藝術大学大学美術館では、<香り かぐわしき名宝展
が開催されております。

私自身は駆け足でしか鑑賞する時間がなく、とても残念でした。
明日、お出かけになれる方は時間に余裕をもってお出かけ下さい。

序<香りの源>は、前期(~5/8)「蘭奢待」、後期は一木四銘の香木等、なか
なか見る機会のない香木や、造形美が見事な香木を鑑賞することができます。
香道という素晴らしい文化が日本にはあるのですから、とりあえずは「香木」
を鑑賞しておくよい機会になされましたら、と思います。

Ⅰ<香りの日本文化>、Ⅱ<香道と香りの道具>では、たくさんの美しい名宝
が展示されており、ひとつひとつに足が留まります。
Ⅲ<絵画の香り>では、香りをテーマに選ばれた名画が展示されています。
どれもこれもですが、池大雅の、のびのびとした筆遣いは、いついつまでも
見ていたかったです。
最後の展示は、小茂田青樹の作品。
「緑雨」は、芭蕉の葉の下にいる蛙が、いつのまにか自分に置き換わるような、
雨の日の幼い頃の記憶を引き出すような、雨の日の匂いがしてくる、絵と自分
に距離感のない作品でした。

明日も雨の予報。上野の森の雨の匂いを楽しめるほどに雨具をしっかりと整え
てお出かけになり、よい時間をお過ごし下さい。
  1. 2011/05/28(土) 11:49:01|
  2. 店主の日記

7種類の品種茶

品種茶飲み比べ
様々な品種茶を作って下さる静岡県藤枝市の小柳さんは、
5月10日に7種類のお茶を作り終えました。

昨年は春の寒さの気象災害、今年は地域は違えど大災害があり、
手元にこれら7種類のお茶が通年どおりに届いた時には、
有り難さに思わず目が潤みました。

まずは一種類ずつ神棚に上げ、「今年も届いたんだ」という
嬉しさは毎年のこと。試飲を繰り返しております。

今年は<藤かおり>の出だしがとてもよく、どうしたことでしょう!
ここ数年、<藤かおり>は仕上がりからしばらく時間を置かないと、
その素晴らしい“らしさ”が出てきませんでしたが、今年はもうすでに
“らしさ”が楽しめるではありませんか!これから時間の経過とともに
さらに味に深みが増すことが楽しみです。

もう20年以上も前の、初めて<藤かおり>を飲んで感激した時のことを
思い出してしまいました。

もう少しだけ置いて、来週には、今おすすめ出来る小柳さんの2011年
品種茶の販売を始めます。どうぞ宜しくお願い致します。



  1. 2011/05/21(土) 11:24:44|
  2. 店主の日記

カミツレ茶 入荷しました!

カミツレ茶
カミツレ茶>が入荷致しました。
ドライハーブでありながら、摘みたての新鮮な青リンゴのような香りが
そのまま楽しめます。甘い香りのハーブティ、どうぞお試し下さい。
  1. 2011/05/16(月) 23:38:10|
  2. 店主の日記

ハブ茶の試作届きました!

カミツレ(カモミール)
「カモミール摘んで、フレッシュカモミールティー作った。おいしーよ。」
そう言って、朝、妹が枕元にフレッシュカモミールティーを置いてくれました。

青リンゴのようなカモミール茶のピュアな香りを楽しみながら、
容三さんの作ってくれた<カミツレ茶(カモミール茶)>は、ドライであっても、
フレッシュ感がそのまま楽しめたなぁ、などと考えていたら、
“うみ風ハーブ園”から試作のハブ茶が届きました。

もう、寝てなんかいられない。

ただ今、園はカミツレの収穫に追われています。
「ハブ茶の焙煎失敗しました。また、トライします!」の連絡を尚美さんから
以前に受け、焙煎の難しさを精一杯想像し、祈る気持ちで今日を待ちましたが、
この忙しい時期によくぞ仕上げられた、と心から喜んでおります。

皆様のお手元にも、出来るだけ早くお届けできるように致します。
園主が代わって初めての出荷となる<ハブ茶>。
今年も皆様にこのお茶を取り扱うことができそうな次第に、感謝ばかりです。

  1. 2011/05/09(月) 20:38:58|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やり慣れる、ということ

草餅
もう、もう、大丈夫かと床を上げ、一仕事すると熱が上がり、を繰り返して
連休が終わってしまいました。

そのような調子で5日の子供の日、ダイニングでちょっとした用事をしてお
りましたら、キッチンで妹がカチョカチョと何かを作り始めました。
ものの15分もかからなかったでしょうか。
「食べられるんだったら、食べたら?形悪いけど、美味しいよ。」
妹が声をかけてきました。

私は体調を崩すとすぐに食が細くなってしまうのですが、テーブルに目を
やり!「これは一体草餅かい?」

気がついたら1個しか残っておらず、この草餅の面白い形がそれなりに写真に
納まってしまったのですが、“走り井餅”が巨大化したような草餅が何個も
並んでいる姿は、手際よくつくるけど、美しい形にはさして興味がない、とい
う妹らしいお菓子で、すごかった。
それでも、子供の日だからと、草餅をカチョカチョっと作ってしまうことは
なによりのことと、関心致しました。
(ちなみに、餡子は冷凍していたものを使いました。)

ゴールデンウィーク前、我が家には田舎から続々と筍が届きました。
届けばすぐに茹でたいところですが、母も私も日常に追われなかなか手がつけ
られず、結局、毎度父が茹でることになります。心得たもので、この時期父は
自分で糠を買って用意しておきますし、二度目以降の筍到着には、「俺が茹で
ておくよ」と忙しい母に声をかけます。やり慣れる、ということは同じことを
するにも、仕事に取り掛かる心の負担が随分と違うものです。

またまた昨日体調を崩し、夕食はいらない、と言った私に、「これだけは食べ
て寝なさい」と言われ、しぶしぶ口に入れたものの、初めの一口で体が温まり、
1個しっかりいただくことができました。それなりに食べ終わると、体がしんど
くなるばかり、が続いておりましたが、この一品は、体に力が入った気が致し
ました。

以下に作り方をご紹介致します。女性の方も男性の方も、ぜひ何度か作られて、
作り慣れてお役立て下さいませ。体に負担なく食べられる美味しい一品です。

★豆乳茶碗蒸し★
①卵をよくときほぐし、豆乳とだし汁を混ぜて、こす。
 調味料で味をととのえる。
②水切りした豆腐を器に入れ、卵液を流し入れる。
③蒸し器に入れ、弱火で10~12分蒸す。
④鍋にあんの材料を入れ煮立て、水溶きかたくり粉でとろみをつける。
 蒸しあがった③にあんをかけ、刻んだみつばとおろししょうがをのせる。

<材料>2人分
卵1個、豆乳1/2、だし汁1/2、絹ごし豆腐80g、みつば2本、
おろししょうが適量

調味料(薄口しょうゆ・小さじ1/2、みりん・小さじ1、 塩・少々)

あん(だし汁・1/3、みりん・小さじ1、薄口しょうゆ・小さじ1/3、塩・少々)
水溶き片栗粉 少々











  1. 2011/05/08(日) 22:26:09|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年代物の気仙茶

一滴の気仙茶
5月の茶の集いのことを少し考えようと、手元にある気仙茶を並べました。
大事に仕舞い込んでいた“陳年10年以上 気仙茶 在来種”と書かれた
お茶の包みが気になります。
…久しぶりに飲んでみようか。
仕上がりから10年以上経った、年代の貫禄がついたこのお茶のエッセンスを、
味わってみたくなりました。

数滴の雫茶は、清遊を楽しむ煎茶の世界の醍醐味。
どんな気分へと誘うかを楽しみに淹れ始めましたが、
一煎目の、すっかり自然に帰り、“薬”のようとしか言い様のない妙味に、
一同ただただ頷くだけ。
二煎目、三煎目といただくと、津波の被害の中にあっても、小高い丘に
しっかりと根を張り、淡々と立ち続ける美しいお茶の木々が思われ、
私はとても清々しい気分となり、ゆっくりと時間をかけて六煎、七煎。
最後の最後の甘露な味わいには、10年という時間までもしみじみと
感じえることができたような、深い満足感で終わりました。

たまには、このように一つのお茶をじっくり飲み続けるのもよいものと
腕を組み、今月のお茶の集いはどうしたものかと考えております。
このゴールデンウィークに東北の被災地にボランティアとして入るお客様が
出発前、“お茶会で被災地の様子をお話できるようにしますね。”と
お電話を下さいました。

日本の故郷の一つ“気仙”のお茶をぜひこの機会に飲んでみて下さい。
地域に昔から根ざしているお茶が飲めることを楽しみに、お越し下さいませ。









  1. 2011/05/04(水) 00:40:12|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妹の入れてくれたお茶

ハイビスカスのブレンドハーブティー
ひどい頭痛が始まり、その後体中が痛む、痛む。
高熱が出るのだろう、早く出ておさまってほしいと願いつつ、
岩しみず>をポットに入れて床に入り込んだ。
毎度発熱の前には、やたらと<岩しみず>を体が欲するからです。

ところが、今回は<岩しみず>を飲みたいという気持ちも、飲まねば、
という気持ちもわかず、体中の痛みに七転八倒もできない、という状態で、
3日間は食事を取ることも出来ず、唯一、体にすんなりと入り込んだのが、
ハーブティーでありました。

植物療法の勉強を始めた妹が入れた、一杯のハーブティーがきっかけでした。
美味しく一杯飲めたことに双方気を良くし、私は半分面白がって注文を出し、
妹は実験台にここぞとばかり、新しいハーブを買いこんで、お茶をブレンドし、
オイルマッサージに励んでくれました。

写真は“体の痛みが楽になるお茶がほしい。”と注文したら、
“そんなのまだ聞いたことないけど…ハイビスカスってなんかそんなことに
 良かった気がする…かなぁ”
と言って作ってくれた、ハイビスカスのブレンドハーブティーです。
ハイビスカス…?疲労回復作用のこと言ってるのかしら…
お茶を入れてもらえるっていいな、と思いつつ、注文とちょっと違うことが
なんだか可笑しくて、でも習いたてにも一生懸命考えて入れてくれたお茶が
可愛く見えて、思わず写真を撮ってしまいました。
もちろん、妹には大いに感謝です。

些細なことですが、誰かが美味しいと思えるお茶を入れられたり、何かが
作れたりするのは、やはりよいことです。

さて、そんな状態に治る見込みの見当がたたずにおりましたが、お陰様で
今週末のお茶会の連絡が入った途端、カチャッとなにかが切り変わり、
しっかり回復に向かい、食事もできるようになりました。
久しぶりに飲んだ食後の<秋ばん茶>は、体を労わってもらえる優しい美味しさ。
なんということはないお茶なのだけれど、こうしたお茶がいつでも飲めるよう、
各家庭にあったらと、改めて思いました。
身近に体調を崩されて心配な方がいらしたら、どうぞこの晩茶のことを
思い出して下さい。

番茶は、一番茶、あるいは二番茶まで煎茶として刈り取られた後の葉で作られた
ものが多くありますが、ご紹介した<秋ばん茶>も<赤ちゃんばん茶>も、
秋冬ばん茶>も、一年に一度、葉が成熟するのを待ってから作られます。
科学的なことは分りませんが、栄養を一番、二番と出しつづけた後の葉と、
そうでない葉では、何かが違うように思っております。
しかも手作りに近いお茶。
労わりたいと思った方がいらした時には、どうぞ思い出して贈ってみて下さいませ。

週末のお茶会は、無農薬・無肥料で育った自然茶を飲んでいただく会ですが、
お茶の説明は最小限に、これらのお茶が自然に運び出す会話を、今回は大事
にしたいと考えております。お茶請けはスペシャルです!ご期待下さい。








  1. 2011/05/03(火) 00:26:45|
  2. 店主の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (163)
うみ風からの便り (54)
山からの便り (31)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR