FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

21年前の小柳さんの煎茶

エントランスに設えた茅の輪
週末、家族が誕生日を祝ってくれた。店のエントランスには茅の輪が設われ、食事の最後の菓子には「水無月」が運ばれてきた。誕生日のお祝ではあったが、思いかけず「夏越しの祓い」も出来たようで、その「思いがけず・・」に上機嫌。お酒にお茶に食事と楽しんだ。そのお礼に翌日、21年前に静岡の小柳さん(お父様)が作られた<香蘭>というお茶を家族に振舞った。1999年仕上げの半発酵のお茶<香蘭>は気に入っていて、最後の袋を何度も一回分出しては閉め、を繰り返している為、かなり空気に触れている。毎度その劣化の程度を心配しつつ淹れるが、期待が外されることなく今日まできた。久しぶりの今回は果たしてどうか。99年の文字を見て、期待しつつもさすがにね、という気持ちもわく。けれどやっぱり、力のある美味しいお茶は、年月が経っても美味しかった。20年経っても、甘い余韻が広がるお茶。感動するような思いだが、振舞った家族といえば、お茶にはさして興味がないので、「どう?」と聞いても、「えっ?別に。ふつーに美味しけど。」とくる。「1999年のお茶が、ふつーに美味しいって、すごいって感動しない?・・・。」
淹れるのじゃなかった、という気持ちが首をもたげるが、淹れる機会をもらったのだからやはり感謝か。

今年、<香蘭>と同じ品種で作った緑茶の<玉蘭>を販売しています。このお茶はここ数年、残念ながらご紹介出来なかったので、ようやくの思いです。<香蘭>と<玉蘭>というお茶は、<印雑一三一>という品種から作られるお茶で、<藤かおり>とは違った甘い花の香りのあるお茶です。まだ若い感じの香りが強くありますが、それもまた、今の時期ならではのお楽しみとして、おすすめしています。
  1. 2020/06/23(火) 00:30:25|
  2. 店主の日記

お茶の余韻

三重の手作りのお茶
山と畑と田んぼの緑に覆われた三重県の大台町栗谷というところから、郷土愛たっぷりのSさんから、自家用
に作られたお裾分けのお茶が届いた。とても真似出来ない程大事に、手間暇惜しまず自家用の茶畑を管理さ
れるけれど、仕上げたお茶のほとんどは皆配ってしまう。気前の良さに有り難く、毎年、この土地ならではの
お茶を楽しませて頂いている。
山に覆われたこの土地のお茶は、Sさんの茶畑ではないが、当HPでも<栗谷煎茶>として販売させて頂いて
いた。が、事情により今年生産終了。地元の方が、ここは桃源郷のよう、とおっしゃったそのすぐ近くの畑から
作られるお茶が、思いがけず、もう、飲めなくなってしまった。
ご予約頂いてお客様には、本当に申し訳ありませんでした。
このお茶屋を始めてから、いくつも生産終了になってしまったお茶がある。お茶が仕上がった春には、来年は
もっとこうして・・・と話しが弾むが、思いがけなく生産終了のお知らせがくる。記憶にだけ残るお茶が増えていく。

同じ三重の大台町から届いた小切畑のお茶が今年とても美味しいです。
<在来種煎茶>はふくよかで、しみじみとした余韻が長く続き、<やぶきた煎茶>は作り手さんが目指す、くど
さのない、すっきりとした美味しさが楽しめます。今年のお茶の余韻、どうぞお試し下さい。
  1. 2020/06/14(日) 16:08:07|
  2. 店主の日記

初夏のカモミールと大麦

一面のカミツレ

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言も解除になり、少しずつ日常の暮らしが戻りつつあるかと思います。
いかがお過ごしでしょうか?
ご自宅で過ごす時間・ご家族との密な日々の中、いろいろ感じることも多かったと思います。

私は畑が忙しい時期でもあり、外出はあまりせずに、畑三昧の日々です。
畑を耕し・種まき・草取り・収穫……いろいろな作業があります。
植物たちの成長は、私自身も元気をもらい、畑にいる時間がとても有りがたく感じる日々です。

今年はカモミールがとても良く、たくさん咲き、甘い香りが畑一面に広がりました!!
カミツレ畑に蝶

その甘い蜜を求めて、蜂や蝶がよく飛び交っています。
春のカモミール収穫は、その畑にいるだけで香りに癒され、心地好い気持ちになります。
今年の元気良く咲いたカモミールをぜひお試し下さいね!

輝くような大麦畑
(二条大麦)
そして今年は大麦も順調に実り、黄金色の麦を収穫出来ました!

順調に育つ大麦
(六条大麦)

二条大麦と六条大麦は、穂の実り方が違います。
上から見ると穂が平らに見え2方向に実がつくのが二条大麦で、6列に見えるのが六条です。 

これから選別作業や釜炒り作業をします。
麦茶も間もなく出来ます。
よろしくお願いいたします。

これから各地で梅雨入りする時期になりましたね。
雨も作物たちにとって大切です。
今年は各地猛烈な豪雨や荒天にならず、程よい梅雨の雨になりますように。
体調にもお気をつけてお過ごし下さいね。

                                          尚 美

  1. 2020/06/07(日) 16:06:24|
  2. うみ風からの便り

初夏に向かって

ベランダのプチトマト

過日、親戚からタケノコが届く季節・・・と書いたが、その後は空豆、トマトと続く季節となった。空豆は届き始めの頃は大層な殻を身にまとっているが、剝き甲斐がない程小さな青豆で、今年は不作か?と思わされたが、それも届く度に美しい鶯色の、立派な豆が現れるようになった。空豆は焼いて塩をふって食べるのがなによりと思うが、大量に届くようになれば茹でて、料理の材料に使ってと、多いに食べて今年も空豆の季節は終わった。例年通り、ということに安堵した一時。

届く季節にトマトが加わり、気持ちが初夏へと向かう。とはいえ、トマトは4月が濃厚で美味しい。お気に入りの食パンを焼くその隣りに、輪切りにしたトマトを銀紙にのせて一緒に焼く。トーストに焼いたトマトをのせて、お気に入りの塩をふり、オリーブオイルをかけるだけのこの時期のご馳走。新しく見つけたギリシャのオリーブオイルが気に入り、大いに満喫した。珈琲も好きだが、その後でも最後はミント茶が爽やかでよいと感じる。ギュッとうまみが詰まったトマトにミント、体の中から元気になる。
残念ながらそんな時期も過ぎてしまい、すでに店頭に並ぶトマトは水っぽさを感じるようになった。旬は速足。これからの日射しの強くなる季節は、美味しさよりも、トマトのリコピンの作用を頂くつもりで、フライパンを出し、オリーブオイルでトマト焼いてのせるがおすすめ。熟したトマトは小麦粉を叩いてから焼くとよい。リコピンは油で焼くとその効果が大きくなるとなにかで知った。
そしてぜひ、先日ご紹介したミネラル豊富な<野生の詩>を、朝の一杯に加えてみて下さい。カップにわずかの茶葉と熱湯を少し入れて、ほんのしばらく置いておくだけ。お茶の力は、体の元気の源になってくれます。
  1. 2020/05/24(日) 13:00:21|
  2. 店主の日記

ブレンド茶 「野生の詩」 紹介始めました

マグカップに注いだ野生の詩

普段は使うことのないほの暗い台所に、窓からの光が差し込み、その陰影の美しさにしばらく見入ってしまった。
全体が朦朧としたその台所で、先日販売を始めた「野生の詩」と名をつけた山茶と熱湯をマグカップに注ぐ。
茶葉が沈むまで、しばらくの時間。釜で炒り上げた茶葉の、香ばしにおいが立ち上り、少し湿った静かな台所に静けさがましていく。
このお茶は、茶摘から仕上げまですべて手作業で作られたお茶を合わせたもの。無農薬、無肥料で自然のままに育ったと書いてはいるが、茶樹が元気に育つ為に、一年を通して樹を守る作業は手間暇がかかる。そんな作業の苦労は一年を通して体験してみないと分からないけれど、ブレンドしたこのお茶は、急須できっちり入れなくとも、自然茶のもつ滋味が味わえる。
たくさん、しっかり飲もう、と思わず、ほんの二つまみの茶葉と三口程度の少しの熱湯を大きめのカップに入れるだけ。飲み干した後の吐く息に、疲れも一緒に出てくれる。本来のお茶の効能。手作りのこうしたお茶は、あと、どれだけの時間飲み継いでいかれるか、欲張ってついついそんなことを考えてしまう。人の手による自然茶、求める方ぜひ、お試し下さい。
  1. 2020/05/18(月) 11:34:31|
  2. 店主の日記
次のページ

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (176)
うみ風からの便り (57)
山からの便り (31)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR