FC2ブログ

日本茶の店 清水茶寮からのお便り

店主の徒然日記、ハーブ園から、森林から便りが届きます・・・

清風に吹かれて

年月が経った自然茶

今日はホーローのポットで湯を沸かそう。仕上がってから15年程経つ、九州の在来種の自然茶を見ながら、湯を沸かすポットを選んだ。水によってお茶の味は変るが、沸かす道具でも変わってしまう。沸かしたお湯と茶葉の相性が良ければ目出度し、悪ければお茶が美味しくなかった、になってしまうから、お茶は分が悪い。そろそろ確定申告の準備を始めないと、と思いつつ、スタートが出来ない。始め4分集中すれば後はなんとか進んでいくのだろうが、その4分にのれない。15年程度経った日本茶、中国茶、韓国の緑茶と雑多に入った茶箱をご褒美にと持ち込んだが、先に開けて中を見てしまったから、とりあえず飲んでみよう、となってしまった。急須の底がしっかり隠れる程に茶葉を入れ、沸かした湯を茶葉がひたる程度わずかに、注意深く注いで、ほんのしばらく待つ。待つ時間は1分にも満たないが、その間、この世界の誕生から、目の前の茶葉が私の手元に届くまでの壮大な時間を思う。そんな想像に心躍る。抽出したお茶のエッセンスは、茶杯一杯で春というよりは夏に近い草木の香りが喉から戻り帰り、山の自然に帰ったような気分にさせてくれる。存分に満足。十分余韻に浸れそうだが、欲が出て立て続けに2杯、3杯。心身ともに爽やかになり、今日の春の陽気がまた一層心地よい。今日は一日このお茶で楽しめそうだ。確定申告は、明日からにしよう。
  1. 2021/02/21(日) 13:48:51|
  2. 店主の日記

寒の時期の手作り

手作りの干し芋

2月の第一日曜日。母はいつもより早い時間に身仕度を整え始め、私が食卓に座る頃には妹がパンを焼き上げていた。ガスコンロには、味噌作りの為に大豆が既に煮始められていた。‟今日は味噌づくり”という日に、なぜわざわざ手間をかけて、妹はパンを焼いたのであろうかと考えながら、私は茶道のお稽古に向かった。 ‟あー!発酵かぁ!” 共通点を思いつき、思わず大きく頷いてしまった私は、お稽古中に、数人から首をかしげながらの視線をあびた。

翌日に、いろんな柑橘類がたまって食べきれなくて、と艶々と煮詰められたジャムを頂いた。アクがほどよく抜け、その程良さに、手慣れた感と、惜しまない手間ひまの時間が感じ取れ、一層美味しい。
柑橘類のジャム
お料理好きのおば様は、一人暮らしになってからは、灯油のストーブは危ないからと、息子さんが心配して電気ストーブに交換したけれど、‟こっそり元のストーブに戻しちゃった。だって便利だもの。”と時々そのストーブで時間をかけて転がしながら作る焼き芋を持って来て下さる。安心して皮まで食べられる、さいこーに美味しいおやつ。数日経って干し芋が出来た、とこれもお裾分け下さった。‟これはお日様の日のお陰。” と嬉しそう。

知人から、おねだりした干し柿が再び届いた。
自家製干し柿
干し柿も、いくらでもスーパーで買えるけれど、自家製の干し柿はなんとなく一層美味しい。阿蘇の農園の焙じ茶のよきお茶請けだが、父がひとり楽しそうに干し柿を作っていた姿を思い出してしまうことも、私としては嬉しい。
親戚から、両手にのるほどの、土のついた小さな蕗の薹が届いた。早春の匂いだ。今日は私が蕗味噌を作ろう。
  1. 2021/02/20(土) 15:49:40|
  2. 店主の日記

2021年のスタート

2021年宮崎の元旦

寒中お見舞い申し上げます。

本年もよろしくお願い致します。

新年が明けてから、いかがお過ごしでしょうか?

昨年から、今までとは違う暮らしになっておられる方もいるかと思います。
私もあまり出かけずに、家の周辺で過ごす事が増えました。
宮崎でも今年は一段と寒さが厳しく感じています。 パラパラと雪が舞う日もありました。

これからはカモミールの植えつけなど始まり、春に向けて動き出します。
日中暖かな日も増えてくるでしょう。

2021年は、どの様な気象状況になるのでしょうか。
作物たちに寄り添いながら、コツコツと作業をし、より良いハーブたちをお届けしていきたいです!!

季節のハーブたちを、またお楽しみ下さい。

寒さ厳しい折、御自愛ください。             
  1. 2021/01/20(水) 19:09:30|
  2. うみ風からの便り

縁嬉菓子からの呼びかけ

百年羊羹

昨年は夏以降、羊羹をいくつか頂いた。夏の頃は京都のあんこ屋「都松庵」さんと共同で作られたブルーボトルコーヒーの羊羹。デザインはもちろんだが、フルーツやクルミが入った小形羊羹は夏のお土産にもよく、私としては、2種類の味のうち-MATCH- 抹茶味が紅茶によく合うという点で、その後購入しては、当店の<べにふうき(紅茶)>を添えて、知人に送ったりした。
ブルーボトルの羊羹

秋には、「とらや」さんのパリ40周年を記念に「ピエール・エルメ・パリ」と共同で作られた「イスパハン」を頂いた。
小形羊羹 イスパハン
最初に甘酸っぱいフランボワーズがほのかに香り 、 そのうちに華やいだライチの風味が口に広がり、最後に上品なバラの香りが立ちのぼる、という説明に、味の想像が追いつかなかったが、実際食べてみればその通りで、それでいて渾然一体。これだけインパクトがありながら、余韻はあるが、後味が口に残らず、合わないだろうな、と思っていた煎茶さえ美味しく飲めた。さすが、と驚嘆。また、同じくとらやさんの、「昼下がりのカフェ」、という素敵な名のカカオ珈琲羊羹を頂いた。これもお洒落なデザインで、一緒に食べた仲間達は「美味しい」を連呼していた。

冬になり、熱海に店を構える「ときわぎ」さんの「百年羊羹」をお土産に頂いた。丁度先日ブログに書いた「光射ス森」の公演日が近づき、100年先の子孫の為に木を植える行為について思いを馳せていた時期だったので、 ‟百年”という文字に目が留まった。初めて知ったが、創業から100年を越える、家族経営で守り続けている老舗だ。創業当時から甘さを控えた伝統の製法と味を守り続けているその羊羹は、砂糖が控えめ、真空包装でもなく、保存料も使っていない為、日持ちがしない。パッケージの「縁嬉菓子」という文字が笑をもたらす。数種類どれも美味しかったが、地場の特産品を使った柑橘類の入った羊羹は、コンセプトが私好みだ。美味しく仲間と頂いたのが12月。

年が明け、私が興味ありそうだと、友人からメールが届いた。面白いことに、知り得たばかりの「ときわぎ」さんのFacebookからの転写だった。コロナの影響で観光地に人が集まらず、お菓子の材料の段階で、廃棄しなくてはならない状況に、支援を呼びかける丁寧なメッセージであった。緊急事態宣言下、特別商品「本家ときわぎ 縁嬉菓子セット・あうん」をご用意された。、商品代金、税金、送料、代引き手数料合計で5000円。100年の歳月を守り続けたご苦労は測りしませが、つぎにつなぐ為の今を支えることに心寄せられた方は、こちらの「ときわぎ」さんのHPでご確認下さい(http://www.tokiwagi.co.jp/index.html)。かなりお得なセットです。お茶屋をしては、是非、お茶をご用意の上、お茶請けの羊羹もご用意頂ければ有難いと願うところです。
  1. 2021/01/16(土) 19:45:06|
  2. 店主の日記

光射ス森を観て

光射ス森

「光射ス森」の観劇の後、30年以上も前、材木問屋の方に連れられて見に行った秋田杉林。粛々とした美しい光景に、息がとまる思いだったことを思い出しました。

「今の日本の林業が抱えている現状が大変過ぎて、本当にほんの一部しか切り取れないですけど、よい作品にしないと・・。」演劇集団「円」の演出家の内藤さんは、訪れた育林家の池谷さん所有の山の帰り道に、呟かれた。当HPに「山からの便り」として寄稿下さる池谷さんはじめ、林業に関わる方々を取材され、演劇「光射ス森」が出来上がった。春の上演予定がコロナの影響で延期となったが、劇団の方々の努力により、12月19日(土)〜27日(日)までシアターXで上演に至りました。(http://www.theaterx.jp/)

次の世代か、あるいは三世代先にようやく伐採時期となる木の苗を植え、それを何十年もかけて丹精込めて育て上げた木を、日本人は暮らしの中で楽しみ、大事にしてきました。その片鱗を、昔の煎茶道具の中でも感じることがあります。自国の木を愛する暮らしぶりは変りましたが、海に囲まれ、まだ豊かな森林に覆われた国であります。内も外も自然に恵まれた国が地球上に、どれ程あるのか分かりませんが、豊かな森林をもつ国は、その緑を守り伝える責任があるように思えます。多くの方が直接林業に携わることはありませんが、日本の森林の現状、林業が抱える問題等を知ることも大切だと思っています。そのきっかけになってくれるような作品です。コロナ渦中で、劇場へのご案内が出来ずにおりましたが、劇場内は徹底した対策をとっていらっしゃいました。森林への興味の一歩となる「光射ス森」、ご案内申し上げます。

「山からの便り」の著者所有の山中
  1. 2020/12/22(火) 20:12:00|
  2. 店主の日記
次のページ

お店の紹介

せいすいさりょう

Author:せいすいさりょう


清水茶寮(せいすいさりょう)では、
無農薬・無肥料の、昔ながらの製法のお茶をはじめ、品種のもつ個性を活かして作られた煎茶、挽きたての抹茶、有機農法(バイオダイナミック農法)によるハーブなどをご用意して、日本のお茶の美味しさをご紹介しております。
通信販売・お茶会についてはこちら

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
店主の日記 (181)
うみ風からの便り (60)
山からの便り (31)
お知らせ (3)

月別アーカイブ

トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR